収入証明書不要のキャッシングをチェック

通常、金融機関などからキャッシングをする際、収入証明書というものが必要になります。
その名前のとおり、借りるひとが収入を得ていることを証明する書類です。一般的には、源泉徴収票、確定申告書、給与明細書、賞与明細書、所得証明書などがあり、勤務形態に応じて提出します。
またいずれも、最新のもの、契約時直前の証明書が求められます。

これらの収入証明書が必要な理由は、借りる人が安定した収入を得ている、つまり、必ず返すことができるという証明になるからです。
貸しても、返すあてがないのでは商売になりません。貸す側からしてみれば重要な書類の一つというわけですね。

しかし最近、収入証明書不要でキャッシングを可能にしてくれるところが増えています。
ただし、無条件で収入証明書不要というわけではありません。
一定額以下の貸出であるなど、金額に条件がついています。
具体的な金額は、企業によって異なりますが、概ね50万円以下の利用の場合はどこでも収入証明書不要であり、また、銀行系のカードローンであれば、100万円以内まで幅が広がっていることがあります。
銀行系以外の、所謂消費者金融において金額の幅が狭い理由は、貸金業法の規制に基づくものです。
もっとも、これらもあくまで目安なので、少額のローンであっても、収入証明書が必要になる場合もあることは念頭に置いておくべきでしょう。

収入証明書不要の主な金融機関としては、三菱東京UFJ銀行、楽天銀行、オリックス銀行、イオン銀行、アコム、プロミスなどがあります。
イオン銀行は完全に不要ですが、ほかの機関では金額の設定があるので、確認の上で申し込むようにしましょう。
たとえばオリックス銀行なら300万円以下、楽天銀行であれば200万円以下の場合に収入証明書不要で貸し付けてくれます。
銀行系のローンであれば、口座を持っていると手数料が無料になるなどのサービスも行っているので、そう言った収入証明書以外の面でも比較検討してみるとよいでしょう。
借入クイックでも収入証明書不要の会社が紹介されています。
気になる情報はチェックしておきましょう。